行政書士の書類作成業務とは?

なんだかんだ書く前に、やっぱり行政書士のお仕事について書くべきですよね。このあとの話が続かなくなりますしね。

 

ということでいきなりですが、行政書士のお仕事は、大きく分けて3つあると言われています。「書類作成業務」「代理業務」「相談業務」です。

 

書類作成業務というのは、書類を作る仕事です。わたしの今のお仕事は、感覚的に95%これです。代理や相談がセットになることも時々あるというレベルで、代理だけ、相談だけというのはないですね。そういうアピールもしてませんし。

 

書類というのは、主に役所に提出する書類です。何かしようと思えば手続きが必要になります。引っ越せば転居届けを出すし、会社を作れば開業届けを出すし、車を買えば登録が必要だし。わかりますよね?簡単にできるものもあれば、知識がないとできないものもあります。どれも自分でできれば苦労はないんですけど、知識0のところからいちいち調べていたら日が暮れてしまいます。まあ、一日で完了するくらいなら早いほうで・・・。

 

で、行政書士は、知識がないと書類が作れないとか、手続きが完了できないとか、そういう分野の書類をつくってお金をもらいます。クライアントは、自分でやるより行政書士に依頼したほうが正確で早いので、多少の出費はよいと思っているんです。ということで、行政書士とクライアントの需給関係が成立し、ビジネスになるわけです。

 

個人だとあまり行政書士とかかわることがないかもしれないです。車両関係とか、遺産相続関係とか、「これって法律はどうなってるんだろう」みたいなことが発生したときお付き合いが生じるという感じですね。わたしのクライアントは、ほとんど法人か個人事業主です。ビジネスがらみが多いですね。店を出したいとか。

 

さっき主に役所関係って書きましたけど、それ以外の書類もありますよ。契約書とか、示談書とか、誓約書とか、合意書とか。どれかは見たことありますよね?いろんな体裁のものがありますけど、法的効力として抑えておかなければならない部分があるんで、素人さんだと自分で作れないんですよね。もしくは不安ですよね。

 

それから、会社の就業規則を作ったり、何かの約款を作ったりする仕事も考えられますね。わたしはやったことがありませんが、専門にやっている人もいるようですよ。

次のページ >>

  <特集>行政書士に仕事を本音をインタービューしてみました。