行政書士試験の勉強はどうやってやったか。

講座を決めてしまってからは、勉強するのみ。受講料はカードで支払いました。リボに変更して、毎月1万円ずつの支払いです。ボーナス一括とかあればよかったのに・・・。でも、毎月支払いをすることで、モチベーションが保てたというプラスの面もありました。なにせアルバイトの安月給ですから、ひと月1万円の出費でも、痛いなあと思っていました。

 

で、肝心のフォーサイトでの勉強をどうやったかですが、学校と同じ感じでした。行かなくてよい分、お手軽でしたけど。

 

予習は必要ないとのことだったので、いきなり講義のDVDを見ました。終わったら、チェックテストをやります。学校で言えば小テストみたいなものです。講義の内容が頭に入ったかチェックするんです。で、一回で覚えられるわけないので、間違った箇所を中心にテキストを読み返したりして勉強します。これで1セット。
時間をあけて、確認テストをやりました。これも、覚えているかの確認です。DVDに戻ったり、テキストに戻ったりしながら、ちょくちょくといて確認していました。

 

DVD、テキスト、チェックテスト、確認テスト、すべて教材のセットに含まれているので、何も自分で考える必要はありませんでした。ほかの会社を調べたときは、テキストと少しの練習問題くらいだったので、異なる段階別のテストをこなしながら学習を進めるフォーサイトの方法論はすばらしいと思いました。

 

基礎講座が一通り終わると、過去問題集を解く過去問講座です。これも10万円に含まれています。解説講義のDVDがあるので、問題と解説をセットでやりました。全部解くのを3回やるのがいいそうですが、わたしは時間的に2回しかできませんでした。あとは、間違った箇所のみ復習でした。
それから、最後に直前対策講座をやりました。これは直前のチェックのための勉強です。これも10万円に含まれていました。前日は模擬試験もやりました。

 

自分が気をつけなれかばならなかったのは、勉強時間を確保することと、集中力を高めることでした。それ以外は、フォーサイトのカリキュラムどおりにやりました。余分な勉強を加えるほどの余裕がないくらい、フォーサイトのお膳立てが出来上がっているんです。
時間の確保は、バイトのシフトを遅番にしてもらい、午前中に勉強するようにして対策しました。集中力の高めるのは、やる気があってもなくても、常に行政書士のことで頭をいっぱいにしてがんばりました。集中力が高いときだけしか勉強しないとなると、必要な勉強時間が不足してしまいます。ですから、とにかく勉強をして平均化させたというわけですね。

次のページ >>

  <特集>行政書士に仕事を本音をインタービューしてみました。