行政書士でどれくらいの年収を稼いでいるか。

行政書士になって3年目の今も、自宅開業を継続しています。今のところ、何不自由ありません。ただ、けっこう軌道に乗ってきた感はあります。一人で受けられる案件も限られてきました。忙しくて手が回らないんです。

 

前年の年収は500万円後半で、惜しくも600万円に届きませんでした。行政書士の年収の平均は600万から650万円ほどと言われているので、何とか早く600万円に乗せたいという気持ちです。

 

父は、てんてこ舞いで働くわたしを見て、「人を雇って会社を大きくすることも考えろ」と言います。せっかく依頼を受けても、スケジュールの関係で対応しきれないことも何回かあったので。
でも、人を雇うとなると、それなりに会社のPRもして、最低限の受注を受けないとなりません。今は忙しいといっても波があるので、そんなことでは不安です。

 

行政書士になってから知り合った京子さんという方が、先日妊娠が発覚して結婚、仕事を長期休むことにしたみたいです。試しに、手伝ってもらおうかと考えたりもしています。はじめのほうで相談業務では成り立たないと書きましたが、メール相談で低価格なら気軽に利用してみようと思う人もいるかな?と思ってみたり・・・。まあ、今すぐではありませんが、最近そんなことを考えたりしています。

 

人の話なんですが、行政書士仲間の年下の女の子がいます。その子は、年収が300万円くらいで悩んでいます。よく、どうやって仕事をとるんですか?と質問されます。コネなんで、コネと答えます。そのたびに、うらやましいと言われてしまうのですが。もしかすると、わたしはすごく恵まれた環境にいるのかもしれません。行政書士になれば儲かるということではないし、独立したから儲かるということでもありませんからね。

 

試験に受かってからはじめのうち、行政書士事務所で経験を積む人もいます。太いクライアントをつかむまで、学びながら勤務し、その後開業するという流れです。急がば回れで、これが成功の方法かもしれません。

 

自らが経営者となったら、仕事の有無は死活問題です。行政書士は設けるチャンスはたくさんありますが、みんなが成功するわけではない厳しい道です。はっきり言って、自分しだいですからね。

次のページ >>

  <特集>行政書士に仕事を本音をインタービューしてみました。